海辺の中古一戸建てを購入する考え方

海辺の中古一戸建てを購入するメリットは文字通り、海が近くにある点でしょう。少し歩けば海が見られるという環境はに憧れる方も多いと思います。潮干狩りに出かけるとか釣りをしに行くのも簡単ですし、夏場の暑いときに手軽に海水浴も可能です。また夏場になると海辺で花火大会を実施する地域も多いです。わざわざ人で混み合う会場まで行かなくても、場所によっては自宅から花火大会を鑑賞できるところもあるでしょう。優雅に美しい花火を家から見られるのは、優越感を得られるはずです。

海辺で暮らすメリットとして、魚が新鮮というのもポイントです。産地直送の魚が近くのスーパーや魚屋に並びますので、魚の持っている本来の味を堪能できます。新鮮な魚が手に入りやすいので、家の周辺には地魚料理やすし屋などが数多く出ているはずです。魚好きの方には、近所でプロの新鮮な魚料理を堪能できるなんて、最高ではないでしょうか。また、都心から離れると野菜を栽培している農家の多い地域もあって、野菜も新鮮というエリアも見られます。

海の近くに住むメリットは、海が好きな方や魚が好きな方、サーフィンや釣好きの方にとってはたくさんあります。一方で、生活するうえで避けて通れないことがあります。塩害です。海までの距離にも寄りますが、近ければ近い程、外に置くエアコンの室外機や給湯器や自転車が錆びたりします。また、季節にもよりますが、洗濯物を夕方まで干しておくとべたつくことがあります。これも塩害のひとつです。ヨットハーバーの近くや海が見える高台の中古一戸建てに憧れますが物件選びの際は、海からの距離や塩害の程度についてあらかじめ確認しておくようにしましょう。